ゲームなミカタ

とあるITベンチャーの管理職が、自分を育ててくれた「ゲームを観る」という文化を応援しています。

サガフロンティアを3週間で全員クリアに挑戦 アセルス編 その1

さて、エミリア、レッドと来まして休むことなく3人めの主人公に取り掛かります。

3人目はアセルスに決定。

ほんとはまたマーボー氏の動画に合わせようと思っていたのですが、見ている動画はまだレッド編の途中で、プレイが追い抜いてしまいましたので適当に選択しました。

さて、アセルスについて。

アセルスは半妖という、半分人間半分妖魔という独自の特性を持っています。

普段はヒューマンとして、技を閃きステータスがアップしていきますが、妖魔武具を使うことで妖魔化。妖魔武具の憑依技とステータス上昇の恩恵を受けることができるようになります。


まずはオープニング。

妖魔の国ファシナトゥールの針の城を歩きまわって情報集がてらイベントを進めていきます。

途中、白薔薇姫が仲間になったら、城を出て根っこの町へ。ゴサルスの店でLPと引き換えに幻魔を購入しておきます。

これがあるのとないのでは序盤の攻略の難易度が桁違いなので、迷わず購入です。

針の城を脱出したら、まず辿り着くのはオウミ。

領主の館にいるメサルティムを逃してあげる事に。

途中、館の地下でボスのデビルテンタクラーと戦いますが、メサルティムから水耐性の防具をひっぺがしておけば、そんなに強敵ではありません。

妖魔の小手で吸収すると、協力技のタイガーランページが使えるので、狙ってみるのも一興。


さて、オウミを出発したらまずは仲間集めです。

イベントの流れ通りにシュライクの自宅に行ってしまうと、いきなりボス戦に突入してしまうのでオススメ出来ません。

今回は、ゲン、ルージュ、サイレンスを仲間に入れました。

サイレンスは陰術の資質と一緒に取れるのですが、そこの舞台オーンブルの敵ランクが高くて苦労したのはここだけの話。

無事、5人パーティが作れたら、イベントをこなしていきます。

アセルスのイベント発生は特殊で、「一度戦闘したあとに、イベント発生ポイントを2度通過する」となっております。

イベント発生ポイントについてはこちらを参照。 

まずは自宅で炎の従騎士とバトル。

5人で連携をおりまぜていけば楽勝。1ターンキル。

続いては水の従騎士。

こちらも大して強くなく、2ターンキル。

次が意外と強かった。森の従騎士。

中でもスクリームの威力が強烈で、まだこちらのHPが200くらいしかないのに、全体に250くらい与えてくるほど。

何度かリセットしながら、スクリームを使われなかった際に勝利。

速攻で倒せりゃいいんだけど、3人めともなるとシナリオデータにより最初からランクが上がっているのでなかなか難しい。

次はいよいよ金獅子姫が登場。

攻撃の一発一発は強力ですが、単体攻撃ばかりなので回復薬が二人いれば楽勝です。

幻魔のカウンター技幻魔相破も決まりやすく、瞬殺。

ここらでだいぶ中盤な感じ。

ラスタバンを倒したと噂のセアトが登場。

セアトも単体攻撃がメインなので金獅子と同じように回復しながら戦えば楽勝。

魅了も行なってきますが、こちらの上級妖魔には精神攻撃が効かないので恐れるに足りません。

次のイベントは戦闘ではなく、闇の迷宮に閉じ込められてしまうというもの。

うろちょろ歩きまわって何とか脱出するも、なんとここで白薔薇が闇に残るとか言い出す始末。

メインキャラとして育てていただけにこれにはショック!

が、仕方がない。

代わりにゾズマが仲間になり、ドゥヴァンの神社で零姫も仲間に。

アセルス編ということで妖魔ばかりの以下のパーティが完成。

アセルス
イルドゥン
ゾズマ

サイレンス


いやー、アセルス編はイベントがほぼ戦闘のみなのでさくさく進みますね。

とはいえ、今の状態じゃあラスボスには到底勝てないので、ここらでちょっと鍛えることにします。

それではまた次回。

サガフロンティアを3週間で全員クリアに挑戦 レッド編 その2

前回、メタルブラックから猛虎プログラムの習得に成功したので、せっかくなら使わねばーと思い、オクトパスボードを求めて、朱雀の山へ。

山の中腹にある洞窟で黒竜を倒せばゲット。他にも有用なお宝多数です。


さて、お次はマンハッタンでキャンベルビルに突入。

ダンジョンが長いうえに戦闘も多くてめんどくさい。

そんなこんなでなんとかボスのアラクーネの元に到着。

今回はアルカイザーに変身しての戦闘です。

ヒーロー技を閃くチャーンス!と思っていたが、何も閃かず。

こちらの火力が高すぎて瞬殺してしまった。

一応、戦闘終了後にファイナルクルセイドを習得。


お次はクーロンのシュウザー城へ。単なるスラムだが。

街に立っているアニーに話しかけると連れて行ってくれる。

美味しいイベントを経て、シュウザーの元へ。

シュウザーも正直今のこちらの火力の前では敵ではない。

跳弾破壊シルフタイガー二段なんていう5連携が出れば、20000くらいのダメージを叩き出す。

勝利するとシュウザーは逃亡。

アルカイザーとの一騎討ちが始まります。

正直こっちはなかなかメンドイ。

回復を怠らなければ負けることはないが、なかなかにストレスフル。バックパックを身に着けておいてよかった。

これにて四天王を全員撃破です。


と、キグナスより入電。

ここでキグナスに行くと、後戻りできなくなるので注意。

ホークよりブラッククロスの戦闘員の制服をもらったのでそれを着てブラックレイに潜入。

そこには倒したはずのメタルブラックの姿が。

いきなり見つかってしまい、逃亡が始まります。

ここは同じマップに二度行くと、メタルブラックに捕まってしまい戦闘となります。

ブラッククロス基地に着く前に戦闘になってしまうと、勝ってもゲームオーバーなので注意。

内部の構造を把握してひたすら逃げましょう。

基地に着いたら戦ってもオーケー。

勝つと龍神プログラムが収集できます。
オクトパスボードをつけると、メイルシュトロームが使えるように。ただ、あんまり強くない。


続いてはブラッククロス基地。

ラストダンジョンらしく、アイテムが豪華なので拾いながら進む。

途中で死んだと思っていた家族と再会。
回復してくれるので重要。

最深部まで着くとボスラッシュです。

まずは首領であるブラッククロスと戦闘。

たいして強くない。すぐ終わる。

続いては倒したはずのメタルブラック以外の四天王と連戦。

勝つと回復してくれるので、出し惜しみはしないでオーケー。

次は3度目のメタルブラック。

相手が必殺技を使ってきたらこちらも次のターンで必殺技を返すと、さらに強化された技を閃くのでぜひ。

こいつ自体はそんなに強くない。
勝つとまた回復してくれる。

最後、いよいよラスボス。

攻撃がなかなか激しいので回復アイテムは多めに持っていった方がいい。

こちらもヒヤヒヤしたがなんとか勝利。


晴れてレッド編クリアです。

ラスダン入り口のセーブデータは4:50。

またもけっこうかかってしまった。

とはいえ、これより弱い状態ではあんまりラスボスに勝てる気がしなかったのでしょうがないでしょう。

次も巻いていきましょう。

FFのポーションの正しい使い方

ポーションってありますよね?

言わずと知れたFFシリーズの基本的な回復アイテムです。

96674318_199

↑こんな感じで、コンビニとかでも飲料として商品化されました。

飲料として商品化されたことで、当然飲み薬だと思っていたのですが、今日ふいに、あれ?違うのかな?と思ってしまいました。

自分は飲んだことないのでアレですが、飲んだことがある知人によると随分マズイらしい。

まあ良薬は口に苦しという言葉もありますので、まずいだけで回復薬に適さないとまでは言えません。

が、一般的に戦闘中にできたであろう外傷を治すのに、飲み薬を服用するというのはそれほど一般的とは思えません。

また、ポーションは戦闘中でも服用できますが、戦闘中に瓶からグビグビと薬を飲んでいたら、その隙を敵が見逃してくれるはずもありません。

さらに、ポーションは他の仲間に使ってもらうこともできますが、その際のエフェクトの多くは被使用者の上部にキラキラとした光のエフェクトが出るようになっています。

これらの事実から類推するに、おそらくポーションとは飲み薬ではなく、傷口に塗るもしくは降りかけるタイプの消毒液のようなのものだと推察されます。

そう考えると、ポーションを他人に使ってもらった際に、エフェクトが出るのも振りかけた消毒液に対する光の反射で説明がつきますし、そりゃ飲料として飲んだら美味しくないことも自明でしょう。

ここにポーション=消毒液説を高らかに提唱したいと思います。

どうでしょうか?どうでもいいのでしょうか?
記事検索
オススメ攻略本
慶応大学卒業後、とあるIT系のベンチャー企業に新卒入社。法人営業を経験後、事業企画、予算管理を担当。ポケモン、モンハンを中心にゲーム業界応援日記「ゲームなミカタ」を執筆中。最近はWeb制作に目覚め、CSS、Javascriptに興味あり。最新の制作物は敷金精算に関するデータを提供する「逆転敷金」。