ゲームなミカタ

とあるITベンチャーの管理職が、自分を育ててくれた「ゲームを観る」という文化を応援しています。

労働組合が頑張るとボーナスが減る流れを考える

最近うちの会社に労働組合が発足しました。

自分は管理職なので、基本的には加入することができないようですが。

労働組合の要求内容は機密情報だと思いますので具体的には書けませんが、まあ簡単に言うとボーナスをめぐる問題です。

もっとボーナスをくれー、ということですな。

労働組合の存在は憲法でも守られているようですし、法律的なことはさっぱりわからないので、法律的な側面からのコメントはやめておきます。

が、会社では立場上話題にすることすらできないもののようなので、労働組合の存在がステークホルダー(ここでは経営者、組合員、非組合員)にとってどのような影響があるのか、この場で考えてみたいと思います。


経営者にとっての労働組合


経営者にとって労働組合はどういうものか。

基本的にはデメリットの方が多いんでしょうね。

経営者はポジションとしては会社そのものに近い存在です。

対して労働組合は従業員の集合体もしくは代表としてとらえることができます。
言い方を変えると、雇う側と雇われる側という言葉で表すことができますので、これは対立構造を想起させます。

対立構造が起きるということは、利害が対立したときにどちらの側も調整、妥協を余儀なくされますので、経営者にとっては労働組合がない状態よりも、自分たちの思い通りにいかないことが多くなります。


組合員にとっての労働組合

対して労働組合に所属する(ことになる)組合員にとって、労働組合とはどういう存在でしょうか。

先ほどと同じ論点で逆から見ることになりますので、組合員にとってはおそらくメリットの方が大きいのでしょう。

対立構造が起こったときに、個人ではなく法律に守られた団体として会社と交渉できる、という権利は、労働組合がない状態よりも自分たちにとって有利な結論を導きやすくなります。


非組合員にとっての労働組合

最後に非組合員にとっての労働組合です。

労働組合は全ての従業員が加入するわけではなく、任意となっているのが曲者です。

労働組合が会社に対してその交渉力を強めるためには、当然のことながら従業員に占める組合員の比率を高めていくことが必要です。

なので、労働組合は組合加入のインセンティブを作るために、基本的には労働組合が会社に対して勝ち取ったものは組合員のみで分配されるはずです。

そうでなければ組合には加入せずに、利益だけ享受しようという日和見主義者があふれてしまいますからね。

つまり、非組合員(現時点で組合に加入していない従業員)にとっては労働組合の存在はメリットがないことになります。

もちろん加入すればその瞬間から恩恵にあずかれるわけですが。


パイを増やすものとパイを分け合うもの

ちょっと前に人気となった記事に「パイを増やす人とパイを分ける人」というものがありました。



前者の頑張りはパイを増やすことでステークホルダー全員が恩恵にあずかれます。

対して、後者の分ける人の頑張りは、多くの取り分を取ることに成功した人(多くの場合は本人)だけが恩恵にあずかれます。
きわめて利己的なものの考え方になります。
(もちろん富の平等な分配を如何に行っていくか、という観点からは有用な時もあるでしょうが、増やすタイプと比較してしまうと、という意味です)

これを我が社のボーナスをめぐる労働組合の問題に当てはめてみましょう。


ボーナスとは何か。
会社によって考え方は違いますが、基本的には余剰利益の還元と考えるのが一般的なのではないでしょうか。

計画よりも多く利益が出た際に、頑張ってくれた従業員に報いるのがボーナスと呼ばれるものでしょう。

なのでボーナスとして支給できる総額を増やすにはどうするか、当然ですが売上を上げ、コストを減らすことです。

そうすることで利益が多く生まれ、従業員全体がもらえるボーナスのベースが増えていきます。

つまりボーナス総額の増額というのは、企業活動の目的そのものだと言えます。

なので、ステークホルダー全員が「パイを増やす」観点でいれば、

会社:利益を増やした結果としてボーナスを増やしたい
従業員:ボーナスを増やすために利益を増やす

ということで決して対立構造にはならないのです。


ところが労働組合は違います。
労働組合は「パイを分ける」観点で誕生しているからです。

会社の利益は決まっている。その中で立場の弱い(はずの)組合員が、強いと言われる雇用者(会社)に不当に搾取されない様に、パイを適切に分けることを目的としています。

また、これだけだと役割の違いだけなので、労働組合の存在は有意義と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

労働組合が存在するために、会社は労働組合と付き合うためのコストが発生します。

しかも、全従業員が労働組合に加入していればまだいいのですが、そうはならないために非組合員まで含めた調整のコストがかかるのです。


ということで、労働組合の存在は、ステークホルダー全員が分け合うべきパイを増やさず、むしろ減らす存在であると私は思っています。

ボーナスという観点でみると、自分で自分の首を絞めているわけですな。


結論。労働組合は会社のステークホルダー全体にとって百害あって一利なしです。特に「パイを増やす」考え方のできる非組合員の従業員にとっては迷惑極まりないでしょう。


願わくば、うちの会社の大多数の従業員が、労働組合などには加入せず、会社と従業員の双方のパイを増やす、win-winなものの考え方ができますように。



----------------------------------------------
ちょっと難しいことをテーマに書いてみたら、なんか支離滅裂な文章になってしまいました。反省。


こういう専門的な話は難しいので、やはりもう少し些末な、毒にも薬にもならないテーマでのんびりと書いていきたいと思う今日この頃でした。

livedoorブログのアクセス解析が充実しすぎている件を考える

やりました。

ブログをスタートして1週間程度でしょうか。

ついに当ブログに自分以外の方が来てくれるようになりました。


来てくれた方が記事を読んでくれたのかどうかまではわからないので、その方を満足させられたのかは正直わからないのですが。

でも、当初はそもそもGoogleにインデックスすらされてないのではないかと思っていましたから、ちゃんと検索エンジン経由で流入があったときの喜びは格別でした。

せっかくですので、現時点での数少ないアクセスログからこのブログの読者について考えていきたいと思います。

サイト運営には慣れていないので、livedoorのアクセス解析機能を順に見ていきましょう。


【月別アクセス】
tsukibetu



これを見ているとこのブログを立ち上げた記念すべき日は1/7だったことがわかります。(それくらい覚えておけよという話ですが)

そして、問題の初めての訪問者は1/13になります。

それまでもちょこちょこ数字が入ってますが、全て自分の確認作業です。

UUが「2」になっているのは、自分のPCと会社のPCでそれぞれ見ていることがあるからですね。

1/12の「3」という数字は自分、会社、ロボットという悲しきトリオです・・・

しかし1/13以降コンスタントに人間の訪問者があるのは、それがごくわずかと言ってもテンションが上がりますね。


【リンク元】
link



ここでは直前のサイトがどこを見て、このブログにたどり着いたかがわかります。俗に言うリファラーというやつですね。

これを見てわかるのは「客引きネタ大人気!」ということ。

自分と同じように、客引きをしている居酒屋に疑問を感じている方でしょうか?それとも客引きを行っているお店やアルバイトの方でしょうか。

これだけだとわからないですね。
謎が深まります。


【検索キーワード】
keyword



こちらはGoogleなどの検索エンジンでどんなワードで検索されて来たかですね。
一目瞭然、ほとんどが客引き、居酒屋系のワードです。

ちなみに問題の初アクセスは「呼び込みをしているお店」という何とも長いワードでした。

念のため自分でもGoogle検索してみると、結果は8位!

こんな長いワードで検索する方は非常に珍しいと思いますが、何はともあれ1ページ目というのはすごいことです。

まだブログ名で検索しても全然ヒットしないのに。


それにしても「呼び込み」というワードの意外なパワーにびっくりです。

記事タイトルや文中では全体的に「客引き」というワードで統一しており、それこそSEOを意識して、言葉の揺らぎに対応するために最初に「呼び込み」と使ってみたぐらいなのですが。

証拠はこちら↓


SEOを行う際には、

・検索をしているユーザーが多いワード
・対策をしているライバルが少ないワード

を選ぶことが重要と、頭では当然わかっていたし、会社でもたびたびそう思っていたのですが。

やはり自分で体験すると違いますなあ。
本当に今年はブログを始めてよかったです。
勉強になることばかり。


【ブラウザ/機能】
browser



ここでは訪問者の方の閲覧デバイス、OS、ブラウザの種類がわかります。

が、正直コメントすることがありません。

ブラウザごとに何すればいいかとかわからないし~。


【生ログ】
namalog



ここでは訪問してくれた方を統計データではなくリストとして、
一人一人の属性を見ることができます。

IPアドレスなども確認できますね。

正直ここでも特筆すべきことはないのですが、マニアックな遊びを開発してしまいました。

それは閲覧者の所属企業がわかってしまうこと。


うちの会社もそうですが、やや大きな会社になるとIPアドレスが独自ドメイン(?)みたいなものになり、そこから所属企業がバレバレになってしまうのです。
ちなみにこちらでは某有名ゲーム雑誌らしきIPがありました。

そういえば最初のころに記事で、関連ブログを紹介したことがありましたね。

どうやってたどったのかはわかりませんが、それらしき検索ワードも残っておりましたし。


こうやって簡単にわかるということは秘密情報などではないのでしょうが、どう扱うべきかのマナーがさっぱりわからないので、今回限りとしておきます。


【ログミン】
logmin



何気にこの機能、今日初めて知りました。

はじっこに派手なロゴで存在するので、広告だと思って完全にスルーしてました。

が、見てみるとすごい楽しいじゃないですか「ログミン」。

自分のブログに来た人たちの動きが視覚的にわかってすごくいい。

いやーこんな楽しい機能があるならlivedoorさんももっと推してくれていいのに。

今後もたまに見て自己満足に浸りたいと思いますw



さて、ここまでlivedoorブログ(無料版)についているアクセス解析の機能を一通り見てきました。(それにしても最近のブログサービスはすごい!)

敵を知り己を知らば百戦危うからず。
PDCAサイクル。

とはよく言ったもので、最善の一手を考えるには、現状を分析することはすごく大事だと思います。

マラソンに例えると、自分がスタートからどの地点(言い換えるとゴールまでの距離)がわからないことにはペース配分が決められませんからね。

今後も定期的にウォッチしながらこのブログでも紹介していきたいと思います

アフィリエイトに最適なレンタルブログを損益分岐点から考える

さて、前回恥ずかしながらlivedoorブログではAdSenseが使えない!という話を書きましたが、なんだかんだでそのままlivedoorブログで運用していくことにしました。

というのも「使えない」と言っていたのはあくまで無料版の話。
有料版に移行すれば元々の広告を非表示にすることができるので、自分のAdSense広告を貼り付けることができます。

これとFC2ブログを比較検討した結果、私の目的にはlivedoorがふさわしいという結論に至りました。

今回はその私の検討過程から損益分岐点という言葉について考えてみたいと思います。


損益分岐点とは、正しくは言葉のまま、赤字から黒字に切り替わる瞬間、もう少しわかりやすく言うと、売上がコストを上回るタイミングを言います。

※一応一般的な解釈はこちら↓

ただし私はこれ以外に、二つの方法があった際に、それらの累計での利益が入れ替わる瞬間のことも指して使ったりします。

わかりやすく例で書いてみましょう。

モデルA:最初は無料だが毎月600円売上があがる
モデルB:最初に5,000円もらえ、さらに毎月200円売上があがる

さて、どちらが儲かりますか?などと考えてはいけません。

これは売上のあがる曲線の描き方に差があるので、ある時点で比較してみないと正解は出ないのです。

それでは二つのモデルの売上の上がり方を図にしてみましょう。

soneki1


ご覧のように最初はもちろんモデルBの方が高い位置からスタートすることになるのですが、毎月の売上に差があるので、徐々にその差が縮まっていきます。

そして17ヶ月目にはモデルAの方が売上が上回るようになります。

この17ヶ月目を「損益分岐点」と私は考えています。


もしどちらのモデルも売れ行きが変わらないとするなら、17ヶ月以上営業するならモデルAを、それ以下ならモデルBを選択するのがよさそうです。


用語説明はこのくらいにして今回の私のブログ選びの考え方を説明します。

とりあえず選択肢は二つあります。

livedoorブログ:毎月300円(税抜)の固定費がかかる
FC2ブログ:売上の20%を手数料として取られる

さて、これだけを比較しても何もわかりません。

今回は先ほどの例と違い、キーになるのは時間軸ではありません。
支払う金額がはっきりしていないFC2は全体売上の20%という表現になっていますので、毎月いくらぐらい売り上げをあげられそうなのかが最も重要になります。

なので、横軸を売上としてグラフを書いてみます。

soneki2


先ほどの例よりもずいぶん簡単な計算となりました。

livedoorが300円で固定なのに対し、FC2は20%なので売上が上がるほど手数料も高くなっていきます。

そして損益分岐点はたったの1,500円となります。

ここで問題となるのが、いったい私はいくら稼ぐことを目標にしているかですが、これは最初の頃の投稿で決めました。

ずばり月額50,000円です。

なので、本当に目標に到達するつもりがあるのなら間違いなくlivedoorブログを選択した方が良いということです。

このような経緯をもって、私はlivedoorブログを選択したのでした。


さらにここから決まったことがあります。
それは有料版への移行タイミングです。

FC2ブログでしたら毎月の維持コストがかかるわけではないので問題ないのですが、livedoorブログは売上があろうがなかろうが維持コストが300円かかります。

なので広告収益もないのに有料版に移行してしまっては毎月無駄な出費が発生してしまいます。


なので有料版への移行フローは下記のように決めました。

まずは無料版のままとにかく記事を書き続ける
  ↓
並行してブログ集客のためのアピールを続ける
  ↓
読者数が増えてきたところで300円を上回る収益をあげられるか計算
  ↓
いけそうならGoogleAdSenseのアカウント開設
  ↓
ブログを有料版へ移行


といった流れです。

ちょっと考えていくだけで、いろいろと最適な(と思われる)方法が思いついてくるものです。



それにしても、今回の件でも目標を決めることの重要性が改めて実感できました。

月にいくらぐらいの売上を目標にしているかがわからないと、今回のようなケースで適切なジャッジができなかったことになります。

この場で再度、施策を始める際には目標を決めることが重要、とお伝えしておきます。
記事検索
オススメ攻略本
慶応大学卒業後、とあるIT系のベンチャー企業に新卒入社。法人営業を経験後、事業企画、予算管理を担当。ポケモン、モンハンを中心にゲーム業界応援日記「ゲームなミカタ」を執筆中。最近はWeb制作に目覚め、CSS、Javascriptに興味あり。最新の制作物は敷金精算に関するデータを提供する「逆転敷金」。