ゲームなミカタ

とあるITベンチャーの管理職が、自分を育ててくれた「ゲームを観る」という文化を応援しています。

ランチに食べると午後ものすごく眠くなる食事を考える

日常をテーマ別に考えていく記事。第1回目です。

テーマ別と言っても、日常を過ごしていて思いついた、本当にくだらない内容をテーマにしていくことが大半だと思います。

その代わり、くだらないことでもしっかりと考えていきます。

このブログでは、雑学ではなく思考方法をメインテーマとして扱っていますので、なるべく安易に調べることなく、自分の中の知識と、仮説に次ぐ仮説を用いて自分なりの結論を導いていきたいと思います。


それでは1回目。
記事のタイトルにある通り、ランチに食べると午後ものすごく眠くなる食事についてです。

ありませんか?そういう食事。
私はあります。

これをランチに食べてしまうと、午後の仕事がとてもはかどらない。
眠くて眠くて仕方がなくなってしまう食事です。

具体的に、私の中では以下の二つをデンジャラスミール(危険な食事)として認定していました。

・ラーメン
・カレー

特にカレーは眠気にプラスして、口の中がカレーカレーしてしまうことからもさらに危険です。
ちょっと歯を磨いた程度では取れないのです。

それはさておき、なので私は平日のランチには極力この二つを摂取しないようにしてきました。

が、今日はこの方程式に狂いが生じました。

今日のランチは海鮮丼。
なのに午後(今も)眠く眠くて耐えられなくなってしまったのです。


なのでちょっと考えてみます。
なぜ、これらの食事は午後眠くなってしまうのか。

新たな刺客を加えて、私の中での眠くなる食事は以下の3つとなりました。

・ラーメン
・カレー
・海鮮丼 ←NEW


この原因分析をするにあたり、まずはこれらの共通点を洗い出してみることにします。

・ボリュームがある
・炭水化物がメイン

前者が量なら、後者は質の問題です。
フレームワークに当てはめてみました。

昨日まではラーメンとカレーだけでしたので、質側の仮説として、

・脂っこい
・味が濃い
・カロリーが高い

なども要因として持っていたのですが、本日の海鮮丼で覆されました。


さて、では量と質、大きくはどちらの問題なのでしょうか?

これを明らかにするために逆方向から検証してみます。

つまり、

・炭水化物がメインではなくボリュームがあるもの
・炭水化物メインだがボリュームがないもの

どちらがより眠くなるかを考えれば、原因の中心がどちらかははっきりしそうです。

前者の例ですと、野菜炒め。後者の例ですとサンドイッチなどが思い浮かびます。

思い出してみるとサンドイッチはまったく眠くなりません。
野菜炒めはやや眠くなりそうな気がします。

となると量の問題。「食べ過ぎ」ということで決着していいのでしょうか?

しかしながら、ラーメンを小さなカップラーメンに変えてもこれまた眠くなる感じがします。

これは一度切り捨てた要因を戻って考え直す必要がありそうです。

先ほど切り捨てたのはこちら。

・脂っこい
・味が濃い
・カロリーが高い

このなかで、思い返すと早計だったかな、と思うのは「脂っこい」です。
海鮮丼は海鮮丼で結構な魚の脂を摂取できてしまいます。

ということで脂質と眠くなるかどうかを表にまとめてみました。

shishitsu
※参考にさせていただいたのはこちらのサイト。カロリー計算などにもすごく便利です。 イートスマート:カロリーチェック 結果は予想を大きく裏切られました。 途中までは調子よかったのですが、サンドイッチを調べ終わった瞬間の絶望感と言ったら。 しかしサンドイッチがこんなに脂質を含んでいるとは。 まあこんなどんでん返しを食らうのは考える仕事をしていれば慣れっこです。 とはいえ今回は長くなってしまったので、ネットで見つけた情報で答え合わせをしておきます。 食後に眠くならない食事法5つ 食べ過ぎ、炭水化物、血糖値、消化不良などが主な原因のようです。 さらには急いで食べるのも原因とのこと。 これは食事の「内容」と「方法」で切り分けてみれば出てくる視点ですね。 まだまだ修行が足りません。 ということで少し反省しつつ今回はここまで。 答え合わせをしていて思いましたが、やはり単に雑学として答えを教えてくれるサイトは山ほどありますね。 うちはこのスタンスにしておいて正解な気がします。 今後も考えることを楽しむブログとして頑張っていきます。

考えるフレームワークを考える

さて、昨日はブログの登録に費やしましたので、記事自体は一日空いてしまいましたが、いよいよ本番です。


と、その前にご覧のとおり、プラットフォームはlivedoorブログを宣言通り選択しました。

詳しく調べていく過程で、もしかしてGoogle adsenseが使えない!?という疑念がよぎりましたが、下記のサイトで何とか使えそうだということを教えていただけました。



こちらのサイトには今度実際にadsenseを貼っていく際にお世話になると思いますので、メモ代わりに残しておきます。


閑話休題。

気を取り直して、今回が本当に1回目のネタ更新ということになります。


「考えるフレームワーク」についてです。

これはどういうことかというと、自分は物事を考える際に、ある程度いくつかの枠組みに沿って考えることにしています。

本日はそのひとつ目をご紹介します。


これは考え漏れをなくすため、またはアイディアがうまく出てこないときによく使う手法です。

まとめる言葉がうまく出てこないので具体例から入ります。

・5W1H
・4P
・3C
・ヒト、モノ、カネ

などといったものです。

これらは至極有名な話なので多くの方が当然のように知っていると思います。


が、知っているだけでは役に立ちませんね。
私は物事を考える際にこれらにすぐさま当てはめるのを好みます。
考え漏れがなくなるからです。


例えば、前回まで書いていたブログスタートアップ記事についても、これらのフレームワークを適用して考えました。


実際の思考の流れを見てみましょう。


まず、適当に書くべき記事を考えます。

今回、最初に思いついたのは自己紹介でした。

これは5W1Hに当てはめるとWho(誰)に当たります。

なるほどなるほど。ここで私は気づきます。

では他にも4W1Hについて書いていくとネタになるなと。

ということで、

・Why(なぜ)⇒目的。自己紹介で一緒に触れました。

・When(いつ)⇒更新頻度。落ち着いたら書く予定です。

・Where(どこ)⇒プラットフォーム。前回書きました。

・What(なに)⇒内容。こちらも自己紹介に含めました。

・How(どのように)⇒・・・。考えても特に思いつかなかったので保留。

というように、ありがちなフレームワークに沿って考えていくとアイディアが出やすいのです。

しかも、別にそこに縛られる必要はありません。今回もHowは思いつかなかったので放置しましたし。


また、この件は別のフレームワーク、4Pでも考えています。

・Product⇒内容。前述の通り自己紹介の記事で書いているときに、ついでにこちらの4Pにも当てはめることを思いつきました。

・Place⇒プラットフォーム。かぶってますね。

・Price⇒課金。アフィリエイトへの取り組みについて近いうちに書きます。

・Promotion⇒集客。ソーシャルを使った集客についていずれ。だいぶ先になると思います。

といった感じでサクサクネタが思いつきました。


この方法は私の具体例のように、今書いている記事の補足にも、新たな記事のアイディア出しにも使えるので今後も頻繁に出てくると思います。

これが自然にできるようになると、会社でも「考えている人」っぽく見えるので、ロジカルシンキングに憧れている方は積極的にご利用ください。



初めてのネタ記事。
こんなたいしたことないことを偉そうに書いてちょっと緊張します。

が、きっと誰か一人くらいには役に立つと信じてこのペースで書き続けていきます。

他に役立つフレームワークなどお持ちの方がいたら、ぜひコメントください。

いつかは私のオリジナルフレームワークを作りたいですなあ。

プラットフォームを考える

さて、このブログのスタートアップ記事もいよいよラストです。
今回はプラットフォーム(?)を決めたいと思います。

プラットフォームとは要するにどこのブログレンタルサービスを利用するかということです。正式にはどんな表現が適切なのか不明なのですが勝手に名づけてみました。


※話はずれますが、こうして自分なりの用語をつけていくのはコミュニケーションを円滑にするためにすごく重要だと思っています。

定義があいまいな言葉を長く使っていると知らず知らずのうちに認識のずれが起きてくるので、勝手に言葉を決めて、(もちろん皆に説明して)共通の言語を作っていくと、最初は戸惑いますが、長い目で見てコミュニケーションに役立つことが多いです。

今回の場合はもともと「ブログレンタルサービス」という言葉があったので、カッコつけただけという感が無きにしも非ずですが。


話を戻しまして、プラットフォームです。

そもそもレンタルではなくて、自分で作るという路線もありますが、即座に却下しました。

めんどくさいから、ではなくて、前回の記事で参照させていただいたわかったブログでも言われている通り、ソーシャルからの集客を充実させるには中身が重要です。

上っ面のSEO対策などを気にしている余裕はないのです。
得意でもないブログ作成の勉強をしている暇があれば、少しでも良い文章を書くことに時間を費やします。

一長一短がありますが、長所を伸ばす戦略を取ったわけです。


再度話を戻しまして、どこのプラットフォームに乗るかです。
実は上記の「文章の中身が大事」戦略を取ると、必要とされる要件はそれほど多くありません。

・アフィリエイトが自由に使えるか
・デザイン、機能などのカスタマイズが簡単にできるか

といったあたりです。

一つ目は言わずもがな。
アフィリエイトで稼ぐと決めた以上は必須の要件です。

二つ目は「文章の中身が大事」戦略を取ることによって、新たに必要となった要件です。

長所を伸ばすことで、短所(ここではブログの知識が乏しいこと)が目立ってきますので、それを埋めるための対策としての要件になります。


ということで要件を満たす、有名なブログサービスは以下になります。


参考にさせていただいたのはこちらの記事です。



前述の通り、要件を満たせていれば、それほどこだわるところはありません。

なので、ここはライブドアブログに決定しました。

理由は単純。最近のライブドア(ネイバー)のアウトローな感じが非常に好みだからです。

自分のブログも人気が出てきたら、その修羅場の中で切磋琢磨してみたいと思いました。


あとは実際に申し込んでブログを作成するだけです。

ライブドアブログの詳細な仕様をまだきっちりと把握していないので、そこを確認してから臨みたいと思います。


ということで次回更新は少し先になると思います。

メモ帳での更新は今回までです(実話)。

今まではアップしていたわけではないので、実質はブログ完成と同時に今までの4回分の記事が並ぶ形になりますが、次回をご期待ください。
記事検索
オススメ攻略本
慶応大学卒業後、とあるIT系のベンチャー企業に新卒入社。法人営業を経験後、事業企画、予算管理を担当。ポケモン、モンハンを中心にゲーム業界応援日記「ゲームなミカタ」を執筆中。最近はWeb制作に目覚め、CSS、Javascriptに興味あり。最新の制作物は敷金精算に関するデータを提供する「逆転敷金」。