ゲームなミカタ

とあるITベンチャーの管理職が、自分を育ててくれた「ゲームを観る」という文化を応援しています。

タイトルを考える

さて、ブログ更新三回目です。

いよいよスタートアップとしてのネタはそろそろ大詰めです。


今回はこのブログのタイトルを考えたいと思います。


そうなんです。このブログはまだタイトルを決めずに書かれていたのです。


もちろん大枠としては決めていたのですが、確定はさせずにおきました。


あっさり決めなかった理由としては、


・タイトルは基本的に簡単に変更できない

・どのようなタイトルにするかが集客に大きく影響する(はず)


といったところです。

これは次回更新予定のプラットフォーム(どこのブログサービスを使うか)でもいえることです。



それではタイトルを考えていきましょう。


まず始めに諸先輩方の人気ブログを参考にさせていただきます。


そんなに多くないですが、最近私が定期的に読ませていただいているブログです。


大西 宏のマーケティング・エッセンス

わかったブログ

大塚角満の ゲームを“読む!”


この御三方のブログのタイトルを見て思うことは、テーマが広いですね。

マーケティング、わかった(?)、ゲームということであまり絞り込んでいないのが特徴的です。


これはおそらく皆様同じようなお考えでつけられているのだと思いますが、わかりやすい説明を中段のわかったブログでされています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●成長スピードに対するリスク

例えば、ブログ名に「iPhone」や「Evernote」といった旬のキーワードを入れると、ジャンルが絞れることで、キーワードに関する情報を求めているファンがつきやすくなります。漫然として日記のようなブログを書くのではなくて、メインジャンルを固定して記事をポストし続ける方が、検索エンジンの検索順位が上位に表示されやすくなるため、検索経由の来訪者が増えます。

しかし、年月が経つと、ポストするネタが尽きてしまいます。ブログ名にキーワードが入っていると、キーワード以外の話題へ移行すると、読者の期待を損なってしまう可能性があります。「Evernote大好きブログ」という名前のブログを運営していても、もしかすると、「Evernote」は3年後にはまったく別のサービスに取って代わられていて、「Evernote」のサービス自体が無くなっている可能性もあるのです。

ブログにキーワードを入れることは、成長スピードと引き換えに、将来的にブログの存在理由がなくなってしまうというリスクも抱えることになるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


なるほど。ごもっともです。


また、集客における検索エンジンの比率が今後ますます低下していき、ソーシャルメディアの比率が高まっていくであろうと予想されることからも、ライバルが多いビッグワード(普遍的な言葉)を避ける、というようなテクニックは必要ないのだそうです。


となると、重要なのはやはり自分の書く内容とマッチしているか、また自分の読んでほしい読者層が求めている内容になっているか、を考えていくことになります。


なぜこの二点かというと、それぞれ


・タイトルを見て入ってきてくれたユーザーががっかりして離脱しないように

・タイトルだけを見てもらったときに中身を読んでみたいと思ってもらえるように


ということを意識しました。


プラスして、確認程度に似たような名前のブログがないかくらいはGoogle先生に聞いておきます。


ということでふさわしいキーワードを羅列していきます。


考える

考え方

ロジカルシンキング


あたりが挙げられますね。


一番普遍的なワードは「考える」。具体的なワードは「ロジカルシンキング」となっていますので、これをタイトルとサブタイトルに入れていくとそれっぽくなるのではないでしょうか。


念のためにそれぞれ検索して確認してみましたが、前者は考えるという単語を説明する辞書系が上位に、後者は具体的なビジネス用語だけあって、そこを狙う自己啓発系のサイトが多いイメージです。


まあライバルの多いジャンルなのは最初から承知していますので、臆せずに進めていきましょう。


キーワードをベースに頭に浮かんだフレーズを組み合わせてみます。


タイトル:考え方を考える

サブタイトル:素人が実践するロジカルシンキングのすすめ


いかがでしょうか。


最後にもう一度Google先生にフレーズ丸ごと確認してみます。

なんとタイトルの方は同名の書籍があることが判明(さすがに普遍的過ぎました・・・)。


ちょっといじってみます。


タイトル:考えるを考える


これまた同名の書籍が存在しました。

自分のアイディアの陳腐さにちょっと絶望して筆が止まりました。


ちょっと路線を変えてみます。


タイトル:考えて考えて


おっ、これはいい感じです。少なくとも同姓同名のものは存在しなそうです。


サブタイトルは全く問題なさそうです。まあ、素人を名乗って書籍を出す人はあまりいないですよね。(逆説的にそういうタイトルをつけた例はあったりしますが)


ということでついに決定しました。


タイトル:考えて考えて

サブタイトル:素人が実践するロジカルシンキングのすすめ


なかなかいいんじゃないでしょうか。

成長したら「考えて×2」みたいなタイトル画像を誰かに書いていただきたい、などと夢が広がります。


では、本日はここまで。

いよいよブログ公開の日が近づいてきました。

ゴールを考える

さて、ブログ更新二回目です。


まずはこのブログを運営するにあたってのゴール(目標)を決めたいと思います。


これは私が仕事をするときに極力心がけていることの一つですが、何かを始める際には必ずそのゴールを考えます。


ゴールとはその施策が成功したときのイメージです。

ビジョンともいいますね。


初めにビジョンとしての、このブログが目指す状態を考えます。


昨日の更新でも書きましたが、このブログの目的の一つにはお金を稼ぐことも含まれます。

なので、お金が稼げている状態を一旦のビジョンとします。


このブログのビジョンは、定期的に副収入が稼げていることです。



次にミッションを考えます。

ミッションとは、私なりの解釈としてはビジョンを実現するために実際に行うことです。


ここで話はずれますが、ビジョンだけでは実際の具体的な施策につながりづらいことが多いので、あわせてミッション、KPIといったものも決めていくのが私の流儀です。


ビジョンというのはおおむね抽象的な言葉になることが多いものです。

会社でいうと、世界平和、とか、〇〇な世界、とかですね。


これだと、


ビジョン達成のためにはどんなことでもやるのか?

どこまでいけばビジョン達成なのか?


といったことが曖昧になってくるので、


ビジョン達成のためにこれをやる=ミッション

ここまでいけばビジョン達成とする=KPI


といったものを決めて、ビジョンを具体化していくわけです。


話を元に戻して、ミッションについて考えます。


このブログのミッションは当然タイトルにもある「考える」こととひもづいてきます。

自分の「考える」を通して読者の方の「考える」に影響を与えていくこと、とでもしましょうか。


なんだか抽象的な言葉になってしまいましたが、まあ要するに「考える」をテーマに読者の皆様と盛り上がっていきたい、とまあそういうことです。



さて、最後にKPIです。


KPIとは、これまた私なりの解釈では目標の達成度合いを測るための指標です。


※正確には微妙に違い、途中経過を測るためのもののようです。詳しくはこちら。

KPIとは 2008/07/04 日経ネットマーケティング



今回の場合は、ビジョンをお金と明確に定めているので、まずはいくら稼ぎたいかです。


ここは感覚で、月収5万円としておきます。

月に5万円も稼げたらうれしいですし。


そしてこれをもう少し分解していきます。


アフィリエイトで広告収入などを上げていこうと考えた場合、訪問者のクリック、購買状況などによって、割と書き手(私ね)の制御できない部分もあり、結果論としてしか議論できない場合もあるかと思います。


そこで、もう少し制御しやすく、かつ、途中経過を把握しやすい指標として分解した数字を置いておく訳です。


5万円/月を稼ぎだすためにはどのくらいの読者に読んでもらえればいいのか?


広告商品をどうするかにもよってきますが、ありがちなインプレッション(表示回数)課金で考えてみます。


インプレッション単価を0.1円で販売していくと仮定すると、必要なのは月間50万インプレッション。

1日あたりに換算すると17,000PVくらいでしょうか。


なんとも高いハードルな気がしてきました。

人気ブログを書かれている諸先輩方はどんなもんなんでしょうね?


ちょっと適切な目標かどうかは後で検証するとして一旦は置いてみることです。



ということでこのブログのゴールが決まりました。

改めて整理しますと、


ミッション=「考える」ことを通して多くの読者に考えていただき

KPI=月間50万PVを獲得する

ビジョン=それにより、5万円/月の副収入を稼ぎ続けること


を目指してがんばっていきます。


早々にKPIは修正していく可能性が濃厚ですが、とりあえずよろしくお願いします。

自己紹介を考える

はじめまして。

むらさきふくろうと申します。


名前には実はそこまで意味はありません。

自分の好きな色と好きな動物を掛け合わせてみました。


さて、本格的な自己紹介です。


私は現在29歳の東京在住です。

仕事はとあるIT系の会社で管理職をしております。


経歴としては、


慶応大学法学部卒

就職活動が難航し、現在の会社にギリギリ拾ってもらう

法人向けの営業職を3年ほど経験

その後、事業企画、予算管理などの仕事を4年ほど経験させてもらい

現在はちょっとした新サービスの立ち上げを管理職のポジションで奮闘中


といった感じです。



次にこのブログで書いていくことをざっと紹介します。


簡単にいうと、タイトルの通り(実はこの時点ではまだ確定ではないのだが)、「考える」ということにフォーカスを当ててやっていきたいと思います。


なぜこの「考える」に決めたかというのはいつか詳しくお話しすることもあるかもしれませんが、恥を承知でいうと自分が得意だと思っているからです。


正直、経歴としては前述のようなものなので、たいしたことはありません。

ただ、うちの会社内や周りの人たちからはそこをずいぶん褒められるのです。


ならば、自分の「考える」スキルを試してみよう。

特にちゃんと勉強した訳でもない自分が、実践としてやっていることを紹介してみよう。

と、一念発起した訳です。


なので、自分と同じように考えることが好きな人が読んでくれるもよし。

考えることが苦手な人が何かの参考にしてくれるもよし。

また、ぜひ自分よりも得意な方からのご指導もいただきたいとも思っています。


ちょっと前置きが長くなりましたが、内容を大きく分類すると


・自分なりの上手に「考える」コツ

・日常のテーマを使った「考える」実践編

・このブログの運営を「考える」


の3つに分けてやっていきたいと思います。



最後に、このブログ運営の目的ですが、端的に申し上げてお金です。


この不安定な情勢下で一つの会社に依存することがちょっと不安になってきたので、幅を出したいと思ったのがきっかけです。


別にフリーランスで食べていきたいと考えるほど自信過剰ではないですが、まずはちょっとした副収入を目指し、いずれはこのブログが履歴書代わりとして転職などにも活かせればと考えています。


なので、まずはより多くの方に読んでいただけることを目指して、素人なりにがんばっていきたいと思いますので、こちらのブログ運営の方もアドバイスなどいただければうれしいです。



長くなりましたが、私とこのブログの紹介はこんな感じで。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

記事検索
オススメ攻略本
慶応大学卒業後、とあるIT系のベンチャー企業に新卒入社。法人営業を経験後、事業企画、予算管理を担当。ポケモン、モンハンを中心にゲーム業界応援日記「ゲームなミカタ」を執筆中。最近はWeb制作に目覚め、CSS、Javascriptに興味あり。最新の制作物は敷金精算に関するデータを提供する「逆転敷金」。