毎日ウォッチしているブログの中に、何やらシューティングゲーム大好きな方がいる。

シューティングゲームというジャンルは古くはまさにインベーダーゲームから始まり、ギャラガ、ゼビウス、ツインビー、グラディウスとアーケード、家庭用を問わずに人気ジャンルの一つでした。

個人的にシューティングの歴史の中で最も楽しかったのは、ゲームセンターで「怒首領蜂」や「ストライカーズ」などのいわゆる弾幕系STGが流行していたときでしょうか。

というか年齢的にそんな時代しか知りませんし。

それはさておき、ドドンパチで変換したら普通に怒首領蜂が出てきたのにびっくり。もうこいつは一般に浸透しているってことですね。

でも、最近シューティングは元気がない。


シューティングが衰退したのはむしろほぼゲームセンターの衰退とイコールなんじゃないかと個人的には思うわけなんですが、まあそれはさておき上記記事で指示された通り、私がハマッたシューティングゲームの代表作について書き連ねてみたいと思います。


■「ぐわんげ」とは


「ぐわんげ」とは確か1998年くらいに発売された、縦スクロール弾幕STGです。


ぐわんげというのはたしか妖怪という意味で、戦国時代くらいの陰陽師や善良な妖怪が悪の妖怪を退治していくというストーリーです。

このころのケイブのSTGは総じてストーリーがけっこうしっかりしているのがいいですね。

ぐわんげのゲームシステム的な特徴としては、主人公キャラが式神みたいなオプションを呼び出せることです。

攻撃は主人公の放つショットと、式神の体当たり(?)の二種類。

攻撃を敵に当て続けているとゲージがたまっていき、ゲージが一定以上の状態を長くキープすることでコンボが発生し、コンボを続けると高得点が狙えるので、スコアラー的にはこの二つの攻撃方法を使い分けることが大事だったりします。

また、攻略としても特に式神モードを使うことが重要で、式神を敵弾にぶつけておくと、敵弾をスローにすることができ、スロー状態の敵弾の周りで敵の撃破やシンボルの破壊が起こると、止めていた敵弾を消すことができます。

なので、弾避けのリスクを減らすためには如何に式神モードで敵弾を減らすかが大事なわけです。

これが「ぐわんげ」というゲームの概要です。


■なぜ私が「ぐわんげ」にハマったか


シューティングというジャンルは弾幕系か否かで大きく二つに分けられると思います。

この時代はほとんどが弾幕系でしたが、プレイの難易度としては弾幕系が難しく、慣れないと1面クリアがやっと(個人の感想です)。

非弾幕系は全体的に難易度がやさしく、ノリでクリアできる爽快感重視の仕上がり、といった感じでしょうか。

特に私がゲーセンでシューティングにハマっていたころは弾幕系が主流で、今はなきゲーメスト片手に攻略にいそしんだものです。

また、同じ弾幕系でも高速系と低速系があり、高速系で代表的なのは「ストライカーズ」シリーズや「怒首領蜂」シリーズ。低速系で代表的なのが「エスプレイド」や「ぐわんげ」など、っていうかケイブじゃねえか。

私は人として動体視力がきわめて弱いので、正直高速系の弾幕は敵のパターンを読めていてもかわせませんでした。

なので、必然的に私がしっかりとプレイできたのは低速系というかケイブのSTGが中心でした。

その中でも「ぐわんげ」は低速系弾幕に加えて、式神で敵弾を消せるので、弾幕回避の難易度は極めて低く、ゲーム内容は色物ですが、プレイのしやすさは初心者向けというなんともいまいちブレイクしそうにないセグメントの商品でした。

「ぐわんげ」のそんな立ち位置が私の嗜好とスキルに合致したので、長く遊んでいたんでしょうね。

実際、シューティング初心者の私でも、全8面くらいあるうちの、最後は6面くらいまでワンコインで行けていたので、難易度は低めだったんだろうと思います。


■書いていると再燃するシューティング熱


なんかこうしてブログに書いていると、またシューティングゲームをプレイしたくなってきますね。

今回は一番プレイしたものとして「ぐわんげ」について書かせていただきましたが、じぶんが当時プレイしたのはまだいくつかあります。

並べると「エスプレイド」「ストライカーズ1999」「レイディアントシルバーガン」「斑鳩」「戦国バサラ」など。

特に「レイディアントシルバーガン」はストーリーもシステムも非常に秀逸で、セガサターン版を持っていてめっこりプレイしたんですよね。

よし、明日は「レイディアントシルバーガン」について書こう。