先般の桜宮高校の体罰問題を受けて、にわかに活気づいている体罰論議ですが、昨日さらに興味深いニュースが出ましたね。

「体罰の日常化はないと認識」 全柔連会見、一問一答

女子柔道のトップ選手たちが、ロンドン五輪期間中の監督やコーチからの暴力などについて、告発したとのこと。

ことの真偽はこれから明らかになっていくでしょうが、ちょっと興味深いですね。

まずは、部活という学生スポーツの現場だけでなくオリンピックという最高峰の舞台で戦うようなレベルでも指導の一環として体罰が行われているという現実。

これが仮に日本特有の問題だとすると、部活にとどまらないスポーツ指導全般に関する構造的な問題に発展しそうですね。

反対に、不謹慎ながら良いニュースだな、と思ってしまったこともあります。

それは、このロンドン五輪で良い成績を残せなかった女子柔道の事例だったということ。

もしこれが、なでしこジャパンで行われていたことだったら、うっかりすると体罰肯定論にもつながりかねない危険な状況でした。

しかしながら実際のところは逆に、金メダルが松本選手の一つのみという不振な結果に終わったのは幸いです。

これを機に、体罰というか暴力とスポーツの強さには関係がない、どころか逆効果だということが業界だけでなく一般まで広く浸透すると良いと思います。

そうすれば、長い時間はかかるかもしれませんが、自分の指導力の無さを棚に上げて、安易な暴力に走る指導者は、結果を残せないとして市場の原理で淘汰されていくでしょうからね。

この件はおもしろい話なので続報を待ちましょう。