貧乏人、というと何とも失礼な感じですが、要するにさまざまな事情で通常の家賃の支払いなどができないことから部屋探しが難しい方向け、ということです。


住み替えシーズンも真っ盛りというこの時期に今さら感はぬぐえないのですが、私の仕事で得た知識をちょっとひけらかす形で、無職、生活保護受給などの困窮者の部屋探しが少しでもスムーズにいくことを祈ってTipsをまとめてみたいと思います。


■家賃のまとめ前払いを検討する

通常の方ですと、毎月勤労による一定の収入があり、その中から家賃を払うことを期待されて、入居に関する審査が通ります。

ところが、無職の方はこの「定期的な収入」というものがありませんので多くの場合は門前払いになってしまうでしょう。

その場合は普通ですと部屋探しの時期を、仕事が決まってからにして頂くのが最も賢い選択ではありますが、とはいえ住居が決まらないと仕事が探せないという、いわゆる卵鶏問題にぶち当たり、やむなく部屋探しをしなくてはならないこともあると思います。

そんなときは無一文の方はちょっと置いておくとして、貯金があるという方は家賃のまとめ前払いについて検討しましょう。

ご自分の貯金額から例えば6ヶ月分の家賃を前払いする、という約束をするのです。さらにプラスしてその間に職を見つけられず家賃が以降払えなくなった場合には速やかに出ていくという意思表示をするために定期借家契約(意味は後述)で、と提案すると大家の印象はちょっとよくなるはずです。


■生活保護手当からの天引きで家賃を払う

貯金もない、仕事もない、という方はどうするかというと、そんな方はまず生活保護受給の申請をしましょう。

生活保護は基本前項で言う「定期的な収入」になりますので、前払いよりも好意的に受け取ってくれる大家が多いはずです。

ただし、生活保護はもらっているのに、家賃は滞納して、その他生活費につぎ込む、という方もよく見られるようですので、その部分をクリアにするために、福祉事務所?など、生活保護手当を支給してくれる組織から直接管理会社に家賃を振り込むことが推奨されています。

このあたりまで自ら提案できると大家からの評価がうなぎ上りですので率先して行いましょう。


■真摯に対応してくれる不動産会社を探す

ここまでで、家賃の支払い方法については押さえました。

が、家賃の支払い方法について大家に説明するためには、そもそも交渉可能な物件を不動産会社に見せてもらう必要があります。

ところがこの時期、大概の不動産会社はいわゆる通常のお客であふれかえっています。なので審査の通りにくい無職の方がいきなり店頭に赴いても相手にされないケースも多いと思います。

そんなときはインターネットで「生活保護歓迎」などの謳い文句の会社を探しましょう。

周辺にそんな会社がない場合は、なるべくお客の入っていない暇そうな会社を狙いましょう。

にぎわっている会社では相手にしてもらえないなら、逆ににぎわっていない会社は、無職だろうが何だろうが契約がほしいと思っている可能性が高いです。

そんな自分と一緒になって探してくれるパートナーを探すのが重要です。


■立場を知りわがままを言わない

いよいよ協力してくれる不動産会社が見つかったとします。

家賃の支払い方法についても、大家の理解が得られるように工夫をしていくつもりがあるとしましょう。

そこで、ようやくその中で自分が住みたい物件を探していくわけですが、これは私の抱くイメージですが、このようないわゆる住み替え弱者の方の中にも、物件に対してけっこうな要望を持ってらっしゃる方が多々おります。

やれバストイレ別がいいだの、駅から近いのがいいだの。

はっきり言います。
そんなわがままを言うのはやめましょう。

今まで書いてきたとおり、定期的な収入がない時点で、部屋探しの競争においては圧倒的な弱者です。

すべからく条件のいい物件というのは競争率が高く、競争が起こると無職の方は負けることになります。

大家からするととにかく収入のある方に優先して住んでほしいのです。

無職の方がそれでも部屋を探すためには、通常の方と競合しない、つまり人気のない物件を探すしかありません。


まずは我慢して住めるところに住み、いつかまた引っ越すことを検討しましょう。
またすぐに気軽に住み替え出来るのが賃貸の強みなのですから。



----------------------------------------------
答え合わせシリーズ。


こちらに書いてある通り、定期借家契約は、大家が入居者を追い出せるのが大きなメリットです。

逆に入居者からすると追い出されてしまうことがリスクであり、通常の賃貸借契約よりも敬遠されることが多いです。

なので、そこが弱者である方にとっては交渉時に利用するポイントとなるわけです。

自ら率先してリスクを背負うことで、大家に対して誠意を伝え、まずは相手にしてもらうことが最も重要になります。