最近仕事がない。
会社には勤めているのだが齢30にして仕事がないのです。

断っておきますが、別に窓際で机の掃除をするのが仕事として割り振られているというわけではないです。

自分の部署があります。
部下も少ないですけどいます。
ミッションを持ち、定量的な超えるべき目標もあります。

それでも仕事がないというのはいったいどういうことなのか。

その理由とともに、じゃあそんな人間が何をしたらいいのか、ということを考えたいと思います。


■優秀な管理職には仕事がない

私の能力や性格は非常に偏っていると自分でも思いますが、決して使い道のない無能ではないと思っています。自分では、少なくとも。

まあ上司からするとすぐに正論で反論されるので鬱陶しいことこの上ないと思いますが、会社の理念を理解し、自部署のミッションを設定し、PDCAサイクルを回してそれをクリアしていく、という管理職の基本的なことはできているつもりです。

というかそうでもないと、如何に若くてでたらめな会社とはいえ、20代で管理職にはなれません。


ところが、2012年になってからそんな私の仕事がとんとなくなってしまいました。

なぜか?
答えは目標を達成できる見込みがたってしまったからです。

おそらく、うちだけでなく他の多くの会社が1年単位の目標を持っていると思います。

で、うちなんかは3月決算なので、4月にスタートしてそろそろ年度の終わり、総決算という様相を見せてきます。

新設の部署を担当したこともあり、最初のころは部署の進むべき方向性を決めたり、他部署と調整したりとそれなりにやることがありました。

また、年度も折り返す頃になってくると、今のままでは今期の達成が危ういかもしれない、ということで対策を打つ必要があるので、ここでも仕事がありました。

が、年が明けてなんとか今期は達成できそうだ、ということがわかってしまうと途端に仕事がなくなってしまいました。

まあ管理職の仕事は組織を達成に導くことだと思うので、既に仕事が終わったということだと思いますが。


ちなみに、他部署との調整や部下からの相談はそれでも発生するんじゃないの?という疑問が他の管理職諸氏から来る気がしますが、そもそもそういった雑務が減るように普段から心がけていたのでそんなものもありません。

関連部署の責任者とミッションの共有をしっかりと行ったり、大半のことは部下に権限委譲しつつ、自らの頭で判断する習慣を1年がかりでトレーニングしてきたので、それこそ組織が順風満帆回っているときは本当に仕事がないということに気づきました。

もちろんこの時点で目標の達成が見えていない部署の場合は死に物狂いで働く必要があるのでしょうが、幸いにしてそんなことにはなっていないのです。


■更なる高みを目指すために努力するのが本懐、だが

とはいえ、会社に雇われている以上、達成したからと言ってサボっていいわけではありません。

そんな場合に大概求められるのは、

・より達成率を高めるためにさらに手を打つ
・次の期に向けて戦略を考え準備をする

ということになろうかと思います。

ところが、このどちらも上司に封じられてしまいました。

まず前者のより高い達成、うちの会社ではハイ達成と呼んでいますが、を目指すことは可能です。

が、各組織の優先順位を全社的につけていく中で、私の担当する新設部署の順位を下げられてしまったので、こと今期に関してはこれ以上手を打たなくていいということになってしまいました。

また、後者の次の期に向けての戦略はとっくに完成してしまいました。

会社のビジョンを捉え、中期の計画を理解し、自部署の今後の方向性、それを達成するための打ち手を資料にまとめ、上司に提出し、概ね承認されてしまいました。

なので、これも済ということになります。

じゃあ準備をしろ、という話になりそうですが、前述のように全社的な優先順位が下がった中での戦略を作ったために、ぶっちゃけほとんど何もしなくても来期の達成が見えてしまっている現状です。

ということで特に準備をすることもありません。


さらに第三の選択肢として、禁じ手である他部署の支援を申し出たりしました。
他の苦境に立たされている部署を助けるために、相談に乗ったり、戦術の妥当性を確かめるための壁打ち役になったり、色々できることはあると思い、上司に都度進言してみるのですが、思考停止しているのか、プライドが許さないのか、何もやらせてもらえません。


ということでやっぱり仕事がなくて困ってしまいます。


■それでも仕事がないあなたへ

ここまで書いて、やっぱり窓際だな、と自己嫌悪に陥りそうになりましたが、最後の気力を振り絞って、そんな今の自分が何をすべきか考えたいと思います。

このまま部署移動もなく続くとすると、この仕事ない状態がもう1年くらい続くことになりますので。

一番は有り余る有休を使って、旅にでも出ることだと思います。
俺より強い奴に会いに行く的なアレです。

しかし、私の部署の担っているミッションがきわめて労働集約的なので、(しかも知恵によりコストカットすることは禁じられている)管理職とはいえ私が長期間いないと、シフトの交代のタイミングや突然の体調不良者が出たときに、メンバーが困ってしまうという欠点があり、やや休みづらい環境です。

このあたりは規模の小さい部署の弱みですね。

そうなると、次に思いつくのはやはり自身のスキルアップということになります。

これならば、仮にこの状況に飽きて転職する際にも、今の会社で働いていくにしてもどちらにしろプラスになります。

というわけで現在も会社でシコシコとこのブログを書いているわけです。

ブログを書くのは発想力、思考力、文章力などを鍛えるのに非常に効果的と感じているので、開始2ヶ月足らずで人にお勧めしたくなるくらいです。
これがまず一つ目のスキルアップです。

次に、ブログからの延長線でもありますが、自らの知見を深めるために本を読もうと思いました。

とはいえ、会社のデスクでおおっぴらに一日中本を読むのは周囲の印象が良くないので、もっぱらネットで拾える情報から関係ブログを読み漁る日々です。

最後に、これは来期以降も暇人が確定したら実行に移そうと思いますが、様々な人に会いに行こうかと思っています。

これも知見を深め、ネットワークを構築することは、転職にしろ継続にしろプラスに働くはずなので、よほど逸脱した内容でなければ業務の範囲で行っても問題ないでしょう。管理職だし。

簡単なことですと社外で開催される無料のセミナーやカンファレンスに積極参加したいと思いますし、やったことはないので緊張しますが、各界の著名人や関係者に打診して、アポを取り、お話をさせてもらえるように働きかけていきたいと思います。


ということで、私の考える仕事がない管理職のおすすめプランは、

一、ブログを書き

二、本を読み

三、人に会う

ということになりました。

同じような境遇の方は稀有だと思いますが、そんな方がいらっしゃったらぜひ一度お会いしましょう。




------------------------------------------
自分のことを優秀などと書くのはイタイ奴だなと思い、ちょっと後悔しております。

しかも読み手に向けてというより、完全に自分の近況報告のような内容ですね。
公開する前からほとんどアクセスがなさそうな気配がムンムンしておりますが、書いた文章を封印するのが嫌いなので、批判を受けるのも成長機会だ、の精神で公開したいと思います。図太いとも言う。

そして、会社で副業が禁止されているので大きくはできませんが、一番いいのはなんらかよそから仕事を請け負うことな気がしますね。

会社のデスクに座ってPCを利用してできることであれば、無償でもお手伝いしますので、ご連絡お待ちしております。


応援クリックよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ