twitterville japanese ed. / torisan3500
さて約束の日が来ました。

このブログの集客のために、2ヶ月でフォロワー2000人を目指してツイッター運営に勤しんでまいりました。


今日が問題のアカウント開設後2ヶ月目に当たります。

結果から言いますと、この記事を書いている3/13時点でフォロワー数は1389。
残念ながら目標には遠く及びませんでした。

今回はこの結果を真摯に受け止め、自分の今後のためと、これからブログ集客を考える若人のために、概要と反省点をまとめておきたいと思います。


■増えたっちゃ増えたけど

twitterアカウントを取得したのが1/14。上記の戦略の見直し記事を書いたのが2/2。

途中経過まで含めてまとめますとこんな感じです。

日付 フォロワー数
1/14 開設
2/2 718
3/13 1389

こうしてみると前半に比べ、後半が失速しているようです。
戦略の見直しを行った2/2を境に前は約37人/日、後ろは約16人/日です。

なんとその失速ぷりったるや半分以下。

2/2の記事を境に戦略を練り直したはずなのに。どうしてこうなった?


■己を知らば百戦危うからず

原因は思い当るだけでいくつかあります。

まず、最も大きな要因は自分で決めた行動量を担保できなかったこと。

以前の記事でこんなことを書きました。
なので実際の累積フォロー数は2,500程度だと思います。

これを元に計算し直すと、718÷2,500=約28%という計算結果が出てきます。

とはいえ、確実な目標達成のためには多少なりバッファを取っておく必要がありますので、25%と想定しましょう。

ここまで考えるとようやく答えが出ます。

33フォロワー÷25%=132フォロー

毎日欠かさずせっせと132フォローしていけば、必ず目標である2ヶ月で2,000フォロワーに到達できるはずです。

今考えるとなんと浅はかな男でしょう。

このように、基本フォロワーを増やすための方法はフォロー返しに頼っていました。

戦略の見直し時点での実績を元に、そこから導き出した毎日のフォロー数目標は132だったのですが、これが全く守れませんでした。

1日当たり132に到達できていたかもちょっと怪しいですし、土日はさぼりがちだったこともあって、毎日できてもいませんでした。

これでは目標に到達できるわけありません。

原因は自分を過信したことでしょう。
自分の土日におけるサボり癖などを計算に入れてバッファを用意すべきでした。

■二兎を追うものは一兎をも得ず

次に思い当る敗因は、途中から「量」だけでなく、「質」が気になりだしてしまったことです。

どこかの記事を読んで、はてブでブクマをつけてもらうためには、はてブとtwitterを連携させているユーザーをフォローした方がいい、ということを教えてもらい、フォロー対象をより吟味していたために行動量が目標に届かなかったと思います。

また、はてブとツイッターをしっかり使っているユーザー層はフォローに対する敷居も高く、想定したペースでフォロー返しを頂けなかったという点もあります。

目標を「フォロワー数」に決めておきながら、「フォロワーの質」にまで手を出してしまったがゆえの当然の敗北とも言えます。

しかし、ここについてはやや満足しています。
当初の目標にこそ届きませんでしたが、最終目標であるブログへの集客につなげるためには闇雲にフォロワーの数だけ増やしても意味がありません。

しっかり私のツイートを読んで、ブログを読んで、さらに拡散していただけるような方とつながっていかなければならないのです。

闇雲フォロー戦術の結果として、後半は外人やらアフィリやらbotやらに絡まれまくっていたので、その中身を見直す意味では必要なフェイズだったのではないかと今では達観しています。


■因果応報ここにあり

そして最後に最も残念だった理由として、つい先日twitterアカウントを凍結されてしまいました。

原因はまさに闇雲にフォローをしまくっていたことで、この3日間ほど何もできず呆然としておりました。

やりすぎるとだめだとわかってはいたのですが、実際に凍結を食らって愕然としました。

今までフォローのしすぎでご迷惑をおかけした方々に深くお詫び申し上げます。

今後は心機一転、フォロー返し目的ではなく自然にフォローしたくなった人や自分の発言のRTやメンションで絡んでくれた方に限定してフォローしていきたいと思います。


■結論:千里の道も一歩から

一旦、2ヶ月でフォロワー2000人を目指してがむしゃらに走り続けてみました。

志半ばで倒れる結果となりましたが、非常に有意義な体験ができ、非常に満足しています。

ツイッターの集客もブログの集客も同じですが、効果的な方法はあるかもしれませんが、安易な近道など存在しないものですね。

何よりも大切にすべきは、自分がフォローしてもらえるくらい魅力的な人間でいられているかということ。

せっせとフォローに勤しむ時間があったら、少しでも知識をつけ、身のあるツイートをしていくことが肝要と身に染みました。

今後はフォロワー数にこだわることはありませんが、また今回の反省点を踏まえたうえで、いつの日か2000人に到達できた暁には、そこまでの苦難の日々を再度報告したいと思います。

その時にはきっと小手先のテクニック論ではなく、ツイッターで人気者になるための本質的な議論が出来ているはずなので、乞うご期待です。


応援クリックよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ