明後日からほぼ初めて、正確には2回目の海外旅行に行きます。

ちなみに本当に初めての海外旅行は5年くらい前の台湾旅行。

今回はハワイなので、時差的にも距離的にも私的にはだいぶ緊張する海外旅行なのです。

海外旅行に頻繁に行っている人からすれば、台湾もハワイもどっちも海外じゃねえ!という突っ込みが飛んできそうですが、私からすると緊張しまくりなわけです。

ということでほほ初めての海外旅行初心者がどんなことに気を使って事前準備をしていたのか、まとめておきたいと思います。

きっと同じような境遇の人には役に立つはず。


※余談ですが、なので1週間ほどブログの更新が滞ります。大変不本意ですが。書きためている記事もあるので時間差はあると思いますが念のため。


■パスポート


自分が考えていった順にとりあえず並べてみたいと思います。
ちなみにスタートは旅行を予約したときからです。

まずはパスポートを準備することを余儀なくされました。

私は持っていたのですが、相方が本当に初めてのためパスポート自体持っていなかったので申請に行くことに。

東京の申請窓口はこちらで確認できます。


意外と日曜日もやっているので、安心です。

とはいえ私は平日に行ったのですが、それでも窓口は激混みでした。

休日ともなると更なる混雑が予想されますので、時間には余裕を持っていくことをお勧めします。

申請から受け取りまでは今回は1週間程度でした。
混んでいると最大1ヶ月程度かかることもあるようなのでお早めに。


■スーツケース


海外旅行と聞いて二番目に気にしたのが、スーツケースをどうするかでした。

ほとんど海外に行ったことはないので、もちろん持っていません。

今後ジャンジャン海外に行くようなら買ってもいいのでしょうが、そうでなければ家に置いておくのも邪魔なので、レンタルをお勧めします。

試しにスーツケースのレンタルを検索してみると、1週間で3000円くらいからあるみたいです。(送料別)


ですが、私はたまたま友人がスーツケースを貸してくれるというのでレンタルすらしませんでした。ラッキー。

レンタルだと出発ギリギリに受け取ることになるので、準備も大変ということで。

知り合いの方から借りると壊した時の心配とかもありますけど、お好きな方を選ぶようにしましょう。

ちなみに大きさは、行きの時点ではスカスカくらいにすべき、との風のうわさを聞きました。
帰りはお土産でいっぱいになりますからね。


■服装、持ち物


次に気にしたのは、まず現地の気候や風土です。

ハワイの場合ですと、夜は結構涼しくなることもあるので長袖を持って行った方がいい、との噂を聞いたことがあったので、まずはネットや雑誌でその真偽を確認しました。

そのうえで、服装については例えばハワイでしたらサンダル、帽子、サングラスなどは必需品とのことなので購入。

さらに、ついでに持ち物を調べていくと日本とは違う海外ならではの常識アイテムがあることを発見しました。

・飛行機で便利なもの

⇒マスク、耳栓

・現地で便利なもの

⇒スリッパ、風呂用品、歯ブラシなどアメニティ

・現地でいざというとき必要なもの

⇒風邪薬、胃薬、絆創膏など医療品

なんかネットで調べていると、異常なほど用意周到な方に惑わされそうになりますが、自分で必要そうなものに絞って持っていきましょう。


■オプション


現地で何して遊ぶかですね。ツアー内容が決まっている人は飛ばしてください。

私は現地では全てフリーのプランにしたのでオプションは何も決めていませんでした。

大きなホテルにはどうせ日本人向けのツアーデスクとかあるだろうなあ、と初心者のくせに高をくくっていました。

まあそれでもよかったんですが、直前になって楽しみにしていたオプションに参加できなくなったりするといやなので、念のため事前に予約しておくことに。

私の予約しているJTBだとこちらのサイトで簡単に予約できました。



■チップ


さらに直前になって気になったのがチップという文化。

個人的にはまどろっこしくて大嫌いですが、郷に入れば郷に従えということでおとなしく調べてみました。

まあ頑張っている従業員に個別でボーナスが入るのは目標管理としてはいいことだしね。

調べたところによると、ハワイの場合はサービス料として料金の15%~20%くらいを払うのが相場のよう。

あと、細かい荷物運びとかベッドメイキングは1~2ドルとか。

さらに、海外旅行になれている知人に聞くと特に細かいチップはケチケチせずに最初からちょっと多めに払うのが良いそう。

同じホテルに滞在するなら初日が勝負です。

初日でこいつは良い日本人だ!と印象付けておくことでその後のサービスが目に見えて変わるとのこと。

チップを相場ギリギリしか払わないと、ケチな中国人だと思われてしまうそうです。別に反中なわけではないですがそれだけは気を付けたいですね。


■両替


最期にチップの常識も学んだので、銀行に外貨の両替に行くことにしました。

こちらも噂によると、現地の空港やホテルはあまり料率が良くないらしいです。

しかも、チップは最速で空港のタクシーから発生したりします。

なので、余裕をもって日本の銀行で両替しておくのが初心者安心です。

また、銀行によるかもしれませんが、外貨両替はどこの支店でもできるわけではありません。


会社の近くにないと、簡単には行けないかもしれませんので事前にチェックしておきましょう。

両替した紙幣のバリエーションはチップのことを考えて1ドルや5ドルを多めにしました。これが基本。

安いファーストフード店とかでは高額紙幣が嫌がられることも多いそう。日本のコンビニやマックは偉いですね。

そんな意味でも細かいのを多めにしていきましょう。
とはいえ、現地のホテルとかでも崩すのはやってくれるようなので、あまり気にし過ぎなくても大丈夫そう。



いかがでしょうか?
初心者ならではのゆるーい情報提供も「視点」という意味では重要かと思い書いてみました。

帰ってきたら、実際のレポートも書いてみたいと思います。

それではまた1週間後にお会いしましょう。