というわけで1週間ほど仕事をさぼってハワイに逃亡しておりました。

ハワイは前評判通りのところもあり、行って初めて実感したこともあり、なるほどなるほどという感じでした。

せっかくなので後進のために、私がハワイに行って初めて感じたこと、改めて思ったことをまとめておこうと思います。


■クーラー効きすぎ


まずはじめに困ったのが、室内でのクーラーが効き過ぎだということ。

快適を通り越して寒い。特にすぐ腹が冷えて下しそうになる。

よくガイドブックなどには夜は意外と涼しいので、長袖を持っていくべき、のようなことが書いてありますが、夜だけでなく室内のためにあった方が良い。

しかも薄いシャツみたいなものでなく、もう少しあったかいちょっぴり厚手のパーカーとかがあった方がなおよいと思う。

私が一番辟易したのは行きの飛行機。

これもハワイアン航空だったからか恐ろしく寒かった。

しかも夜なので寝ようとすると特に極寒。死んでしまう。

しかし、驚くべきは歩き回るCAの人たちはみんな半袖で平気そうな顔をしているのだ。

ハワイが基本冷房効きまくっているから平気なのかと最初は思ったが、どうやらそうでもないよう。

私も帰りには納得できたのだが、どうも常に日焼けしているので体温が上がっているためあまり寒くないよう。

なので帰りの飛行機ではそれほど苦ではありませんでした。
でも絶対にちょっと厚めの上着は持って行った方が良い。


■日差し眩しすぎ


とにかく日差しが強い。
これは完全に前評判通り。

なので100円ショップでサングラスを買っていったのだが、これは大当たり。

ないと夜には目が疲れてしまってしょうがないです。

予想通りだったのでこれは以上。


■とにかくお茶が飲みたくなる


これは食全般に関する話ですが、ハワイの飯は基本量が多くて味が濃い。

なのですぐに胃もたれします。

私が年だからかもしれませんが、日本では結構なジャンクフード好きな私でも根を上げてしまったので相当のものだと思う。

量は二人で一つをシェアするとかすれば回避できるが、味付けの方はそうはいかない。

そこで重宝したのがお茶を持って行ったこと。

500mlのペットボトルで日数分と緑茶のティーバッグ。

ペットボトルのお茶はABCストアというコンビニもどきで買えるがちょっと高い。今のレートで300円弱くらい。なので日本で買って行った方がお得。

さらによかったのがティーバッグの方。こちらはパッと見、簡単には現地で手に入らなそうだった。

夜ホテルの部屋であったかい緑茶を飲むのは想像以上に心が安らぎます。

そんな無駄な荷物を持っていく余裕はない、という人はそもそも考えを改めた方が良い。

おそらくお土産の購入を検討している人が大半だと思いますが、このようなお茶などを持っていくくらいのスペースがスーツケースにないと、お土産を持って帰れなくなります。

なので、あえて消耗品や現地で捨てられるもので行きのスーツケースは満たしておいて、そこに交換でお土産を入れてくるくらいのペースが良いでしょう。


■英語はどうとでもなる


やはり初めての海外旅行で一番不安だったのは英語なのだが、これが意外と大丈夫だった。

まず、ほとんど日本語が通じるという前評判はけっこう正しい。

特に観光客相手の場所ではほとんどの人が簡単な日本語を使えるし、日本語スタッフがいる場合も多い。

とはいえそれだけでは行動範囲が制限されてしまうので、ある程度の英語はどうしても要求されます。

その際に難しいのは相手の言うことを聞き取ること。

こちらの意思を伝えるのはそれほど難しくないです。

私も中学レベルの英語しか持っていないし、喋るのは初めてですが話しているうちに徐々に記憶が活性化してきて、単語や熟語がどんどん出てきました。

やはり相手が言っていることを聞くのが難しいので、Slowlyを繰り返すか、シーンごとに使われそうな単語をイメージしておくべき。

私が一番参ったのはレストランに入るとき。reservation?(予約取った?)を繰り返されたのですが、何度聞いてもわかりませんでした。。。

レストランは入った後のマナーはガイドブックにけっこう載っているのですが、入る前のことはあまり書いていないので皆さんも要注意です。



以上、少しばかりですが次に初めてハワイに行く方のために微妙な豆知識をまとめてみました。
何かのお役にたてれば幸いです。

それにしても帰ってきて思ったのは、やっぱり日本最高!ということ。

もっと住みよい国になるように精進していきます。