10018609039


■ストーカー ハーマンを仲間にす


いよいよ最後のアビスゲート閉鎖のための準備に入ります。

グレートアーチで白髪の海賊ハーマンさんに海賊ブラックの財宝の洞窟の場所を聞きます。

一人旅なのでホントはハーマンさんを仲間にしなければいいんですが、洞窟の進みが面倒なので、とりあえず仲間に。

このハーマンさん、フォルネウスを倒すまでは仲間から外れてくれないことで有名。

しかしLPが4しかなくて謀殺が簡単なので、一番謀殺されやすいキャラとしても有名。

ここでピカンと閃きました。

むしろ謀殺をやめよう、と。

老人の命はいたわるべき、とかではなく、まだ発生させていない神王教団イベントで必要になるからです。

なので、しばらく一人旅ではなくなりますが、むしろハーマンを生かしながら進めることが縛りになるのではなかろうか。

ということでイルカ像はさくっとゲットしましたが、ハーマンさんにはしばらくご同行願うことにしました。


■巨竜グウェインの悲しき宿命


ではフォルネウスを倒しますか、と思って何気なくパブで情報を聞いてみると、ルーブ山地のふもとの村がグウェインに滅ぼされたとのこと。

ついに起こってしまったか。
母ドーラと同じ悲しき宿命。

仕方ないのでグウェインを説得するためにルーブ山地をまた登ります。ハーマンを連れて。

グウェインの元にたどり着き話しかけてみても説得には応じてくれません。
力ずくで来いと。

仕方なく戦いを挑むと「竜と人間、所詮はこうなる運命だった」とか自分から挑発したとは思えないことを言ってきます。

こういう論理の破たんした子にはお仕置きです。

ハーマンは陣形ライフシールドの後ろに置き、ビューネイを倒して作った竜鱗の盾を装備させてずっと防御させておきます。

ハリードさんはヒドラレザーとラバーソウルで熱、雷は防ぎつつかざぐるまで直接攻撃を返していくいつもの作戦。

竜鱗の盾が強すぎてハーマンさんが生き延びたまま楽勝。

最期はこちらの強さをたたえながらグウェインは悲しい眠りにつきましたとさ。

■侵攻、海底宮 アビスゲート封鎖その4


ではいよいよ最後のアビスゲートを守る魔海候フォルネウスを倒しに行きます。

まずはバンガードを発信させて、最果ての島へ。

途中、洞窟で念のため水龍を倒しておきます。
水龍は意外と強くて、ハーマンのLPが尽きそうになったのはここだけの話。

それはさておき、海底宮に到着。一直線にボスの元へ。

装備は魚鱗と王家の指輪、ラバーソウルでスコール、メイルシュトローム、落雷を対策。

ハーマンさんにも途中で手に入れた玄武の鎧を装備させて水対策だけはきっちりと。

どうもこいつは物理攻撃が少ない気がしたのでタイガーブレイクを連打。毎ターン999の自動回復がうざいですが気にしない。

で戦っているもあえなく敗北。
対策出来ないのみこむが痛すぎる。

とはいえそれ以外の攻撃はあんまり痛くないので、運の問題と割り切って何度も挑むと、乱数がよかったときに何とか撃破。

倒したらハーマンの髪色がブラックになってふっさふさに若返りました。

しかも何やらサラと謎の少年の雑談を経て少年が仲間になってしまいました。

ヨハンネス家で最後のアビスゲートの話を聞き、いよいよラストダンジョンが見えて参りました。